税金を LINE Pay で払える自治体の一覧と納税時の注意点

税金を LINE Pay で払える自治体の一覧・納税時の注意点 キャッシュレス決済

LINE Pay請求書支払いを使うと、納付書のバーコードで税金(住民税等)が支払えます。
2020年5月時点の最新情報をまとめました。

LINE Pay が使える市区町村や税金が限られているほか、還元は対象外のため注意しましょう。

LINE Pay での納税方法は2種類

LINE Pay で納税するためには、2種類の方法から選べます。

請求書支払い

請求書に印字されたバーコードを、LINE Payで読み取って支払います。
住民税や自動車税に使えるほか、一部の公共料金でも利用可能です。

自治体の請求書にLINE Pay用のQRコードが印字されていれば使えます。

LINE Pay カード

クレジットカード代わりとなる「LINE Pay カード」でも支払えます。
納税先がクレジットカード対応であれば、こちらの方が手軽かもしれません。

QRコード払に対応していない市区町村でも、クレカに対応していれば使えます。

キャッシュレス還元にも対応!
タッチで払えるクレジットカード
自分にあった選び方を解説中 
⇒Visaタッチ決済カードの比較

LINE Pay 納税対応の市区町村

LINE Pay請求書支払いで納税するには、支払先のLINE Pay対応が必要です。
2020年5月17日の調査時点では、以下の各エリアで確認済みです。

LINE Pay 納税対応の自治体
(地域名を押すと開きます)

北海道
青森県・秋田県・岩手県・山形県
宮城県・福島県
東京都
神奈川県・栃木県
千葉県
埼玉県
群馬県
茨城県
長野県・新潟県
静岡県
富山県
石川県・福井県
愛知県・山梨県
岐阜県
滋賀県・和歌山県
大阪府
兵庫県
奈良県
三重県
京都府
岡山県・広島県・鳥取県
山口県・愛媛県
島根県・香川県・高知県・徳島県
福岡県・長崎県・熊本県・宮崎県
佐賀県・大分県・鹿児島・沖縄県

各リンクをクリックすると、県/市区町村のお知らせページを確認できます。
上記に記載のない自治体でもLINE Pay に対応済みの場合があります。

詳しくは家に届いた納付通知書をご参照ください。

キャッシュレス・ポイント還元
2019年10月より開始!
最新情報はこちらにまとめています
⇒キャッシュレス還元の解説

軽自動車税のみ対応する地域も

地域によっては、軽自動車税のみLINE Payに対応している場合があります。
LINE Payで支払える場合は請求書の中に記載がありますので一度確認しましょう。

自治体がまだ対応していない場合は、市民の声として要望を出すのもオススメです。

住民税や自動車税を LINE Pay で

地域により細部は異なりますが、概ね以下の支払いに対応しています。
地方税が中心となっており、所得税などの国税には非対応です。

LINE Pay で払える税金例

  • 自動車税
  • 軽自動車税
  • 個人市県民税(住民税)
  • 固定資産税
  • 都市計画税
  • 不動産取得税
  • 個人事業税
LINE Pay で払える社会保険料

  • 国民健康保険
  • 後期高齢者医療保険
  • 介護保険

地域ごとの詳しい情報は、自治体のサイトでチェックできます。(前章のリンクを参照)

LINE Pay 税金払いの注意点

LINE Pay 払いで納税する場合、支払える最大金額が「30万円」となるためご注意ください。
また、領収書が発行されないほか、納税後に自治体側で確認されるまで数日~数週間を要します。

納税証明書が必要な場合

特に軽自動車の車検では、納税証明書を求められることがあります。
神の領収書が必要なときや急いでいる場合は、コンビニ払いがオススメです。

三島市などは、納税証明書が必要であればコンビニで払うように案内されています。
不安な点があれば自治体へ事前確認しておきましょう。

税金支払いはポイント還元対象外

LINE Payでは、利用金額やランクに応じたポイント還元制度存在します。
ただし、税金の支払いに関してはポイント還元・利用実績の対象外ですのでご注意ください。

公式 Twitter アカウントでも、対象外になるとアナウンスされています。
LINEポイントを使って支払うこともできません。

Kyashも納税は還元対象外

余談ですが、ポイント還元が魅力のKyashでも税金支払いは還元対象外となっています。
殆どのキャッシュレス決済では、納税が還元対象外のため注意しましょう。

Kyash Cardとは、スマホから作れるVisaタッチ決済カード

Kyash Cardとは、スマホから作れるVisaタッチ決済カード

2020-03-08

請求書支払いの使い方

LINE アプリを起動した後、LINE Pay の画面を開きます。

LINE Pay 納税(請求書支払い)の使い方

メニューにある「請求書支払い」をタップしてバーコードを読み取り、画面の指示に従って支払いましょう。
支払いが無事に完了すると、LINE で決済完了通知が届きます。

LINE Pay 納税のまとめ

  • 対応済みの自治体・税金で使える
  • 地方税が対象、国税は対象外
  • 住民税や自動車税を支払える
  • クレカ対応なら LINE Pay カードも利用可
  • 税金決済分は各種還元の対象とならない

LINE Pay が税金の支払いに対応。自動車税や固定資産税もキャッシュレスで

2018-11-06
Visa タッチ決済のクレジットカードを徹底比較(2019年3月版)

Visaのタッチ決済が使えるクレジットカード比較(2020年5月版)

2019-06-05