ドトールで使えるキャッシュレス決済は、Suicaなど交通系電子マネーのみ

キャッシュレス決済方法(店舗別)

ドトールコーヒーでは、
Suica などの交通系電子マネーのみ
利用可能となっています。

クレジットカード払いは非対応ですが、
ドトールバリューカード(電子マネー)を
組み合わせると間接的に利用できます。

2018年11月時点において、
ドトールで使える決済手段を解説します。

⇒【プロントのキャッシュレス店が登場

ドトールでは Suica 払いが可能

ドトールコーヒーで利用できる
キャッシュレス決済は以下の通りです。

  • ドトールバリューカード
  • 交通系 IC (Suica, ICOCA など)
  • dポイント (2019年6月より)

 
「ドトールバリューカード」とは、
チャージ式の電子マネーで
ドトールコーヒーが独自発行しています。

また、ごく一部の店舗では
下記の電子マネーが追加で利用可能です。

  • nanaco (24店舗)
  • QUICPay (12店舗)
  • 楽天 Edy (12店舗)
  • WAON (5店舗)
  • iD (8店舗)

 
対応店舗の内訳を見ると、
アリオやイトーヨーカドーの店舗など
セブン系列が nanaco に対応しています。

⇒【キャッシュレス対応でセブンがリード

Tポイントとドトール独自のポイント

ドトールコーヒーでは、
バリューカードで貯まるポイントと、
Tポイントの両方に対応しています。

Tポイントは購入時に貯められるほか、
支払い手段としても利用可能です。

 
バリューカードで使えるポイントの方は、
以下のタイミングで付与されます。

  • 2000円以上のチャージ時
  • 毎月1日のチャージ時
  • 商品購入時

 
年間で2万円以上・5万円以上利用すると、
翌年の会員ランクがアップし、
チャージのポイント付与率が上がります。

⇒【スマホで使えるキャッシュレス決済

ドトールでクレジットカードを使う

前述の通り、ドトールコーヒーでは
クレジットカード決済が使えません。

間接的とはなりますが、
ドトールバリューカードを経由することで
クレジットカード払いが可能です。

 
ドトールバリューカードに対応する
クレジットカードは次の3種類です。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB

 
2000円以上をチャージすると、
入金額の5%がポイント付与されます。

ドトールコーヒーをよく利用する場合は、
バリューカードの作成をオススメします。

⇒【自販機がクレジットカード対応に

ドトールのキャッシュレス決済まとめ

ドトールコーヒーでは、交通系 IC と
ドトールバリューカードが利用可能です。

クレジットカードを利用したい場合は、
バリューカードの経由が必要となります。

また、一部の店舗に限り
Edy や nanaco などが利用可能です。

⇒【吉野家で使えるキャッシュレス決済
⇒【ローソンで使えるキャッシュレス決済
⇒【ゲーセンの電子マネー対応が加速中
⇒【お賽銭もキャッシュレス対応に