キャッシュレス還元されない・されなかったときのチェックポイント

キャッシュレス還元されない・されなかったときのチェックポイント ポイント還元制度

2019年10月からのキャッシュレス・ポイント還元事業。
還元されない、還元されなかったときのチェック項目をまとめました。

ポイント還元を受けるためには条件がいくつかあります。
次の項目をよく確認して、キャッシュレス決済をお得に活用しましょう。

還元されない時のチェック項目

  • お店が還元対象かどうか
  • 対象の支払い方法を使ったか
  • 還元されるのはいつか
  • 事前登録が必要かどうか
  • 上限に達していないか
キャッシュレス還元事業を分かりやすく解説(使い方・注意点など)

キャッシュレス・ポイント還元を分かりやすく解説(使い方・対象店など)

2019-09-19

ポイント還元されないこともある

キャッシュレス・ポイント還元事業では、様々な条件が設定されています。
お店側の条件、支払い方法の条件、全てが揃っていないとポイントは貰えません。

制度が複雑で分かりづらいところもありますが、一つずつ解説していきます。
せっかくの還元を取り逃がさないように、ぜひ買い物の前にチェックしてみてください。

還元対象の店舗かチェック

キャッシュレス還元事業

ポイント還元の対象店舗であれば、上記のロゴが提示されています。
ロゴのない店では還元されない可能性が高いため注意しましょう。

中小企業が対象となっているため、大手企業の運営するスーパーなどは対象外です。地元企業のスーパーなどが主な対象店となります。

コンビニは特に注意が必要で、同じチェーン内でも還元されない店舗が存在します。
確実に還元を受けたい場合は、赤ロゴのチェックをお忘れなく。

支払い方法をチェック

全てのキャッシュレス決済がポイント還元対象ではありません。
還元されない電子マネーや支払い方法もありますので注意が必要です。

自分の使おうとするサービスが対象かどうかチェックしましょう。
不安な場合は、お店のポスターに印字されたロゴを確認すれば確実です。

すべてのキャッシュレス決済が5%還元になるわけではない。店のポスターで対象のサービスを要チェック。
還元されない支払い方法(一部)

  • TOICA
  • Kitaca
  • IruCa
  • はやかけん
  • manaca(一部)

manacaは、エムアイシー発行のみが対象です。
名古屋交通開発機構が発行するmanacaは対象外のため注意しましょう。

Apple Payの場合

Apple Pay(iD・QUICPay)の場合は、登録したクレジットカードによって異なります。
カード会社の公式サイトなどで確認しておきましょう。

一例として、ビューカードは「Apple Payでの支払いも対象」とアナウンスされています。
公式サイトの案内

事前登録が必要な場合も

交通系IC(Suica・PASMO・ICOCA・manaca)は、還元を受けるために会員登録が必要です。
いずれも無料登録できますので、早めに登録しておきましょう。

還元される時期をチェック

5%ポイント還元・2%ポイント還元の時期は様々です。
その場ですぐ貰えることもあれば、数ヶ月後になることもあります。

支払い方法によって還元時期が異なるため注意しましょう。
LINE Payなどは即時還元ですが、PASMOやICOCAなどは3ヶ月後にポイント付与です。

各サービスの還元タイミングについては、以下の記事を参考にしてください。

ポイント還元されるのはいつ? 還元時期とポイント上限の一覧

ポイント還元されるのはいつ? 還元時期とポイント上限の一覧

2019-09-29

ポイント還元の上限に注意

決済サービスごとに、ポイント還元の上限が決まっています。
多くの場合は、月に15,000~30,000ポイントが上限となっているようです。

上限に達してしまった場合は、他の支払い方法を使うようにしましょう。
各サービスの上限ポイントについても、以下記事で解説しています。

ポイント還元されるのはいつ? 還元時期とポイント上限の一覧

ポイント還元されるのはいつ? 還元時期とポイント上限の一覧

2019-09-29

チェック項目まとめ

ポイント還元が受けられなかったときは、次の5項目をチェックしましょう。

  • お店が還元対象かどうか
  • 対象の支払い方法を使ったか
  • 必要な事前登録を済ませているか
  • 還元タイミングはいつか
  • 還元上限に達していないか
キャッシュレス還元事業を分かりやすく解説(使い方・注意点など)

キャッシュレス・ポイント還元を分かりやすく解説(使い方・対象店など)

2019-09-19