コンビニで使えるキャッシュレス・スマホ決済の一覧 (2019年5月版)

コンビニで使えるキャッシュレス決済一覧 キャッシュレス決済方法(店舗別)

コンビニ各社で支払いに使える
電子マネー・スマホ決済などの
キャッシュレス決済をまとめました。

日本でもキャッシュレス化が進み、
状況が日々変わり続けているため
本記事も随時最新化を行います。

最終更新: 2019/05/21

キャッシュレス・スマホ決済の一覧、57種類を解説(2019年2月版)

キャッシュレス・スマホ決済の一覧、61種類を解説(2019年5月版)

2019-02-18

セブン・ローソン・ファミマの比較表

まずは、コンビニ大手3社の
キャッシュレス決済対応状況です。

決済方式 セブン ローソン ファミマ
Suica 等
楽天 Edy
iD
QUICPay
nanaco
WAON
NFC決済
決済方式 セブン ローソン ファミマ
LINE Pay 7月
d払い
au PAY
楽天ペイ
PayPay 7月
Origami
メルペイQR 7月
QUO Pay
Alipay
WeChat
Pay

主要な電子マネーのうち、
Suica、Edy、iD、QUICPay の4種類は
どのコンビニでも利用できます。

バーコード決済・スマホ決済は
ローソン・ファミマが先行しており、
セブンイレブンはまだ対応していません。

コンビニごとの詳細については
店舗別のページでご確認ください。
セブン】【ローソン】【ファミマ

ミニストップ・デイリーヤマザキ・ポプラの比較表

次に、ミニストップ・デイリーヤマザキ・
ポプラのキャッシュレス対応状況です。

決済方式 ミニスト デイリー ポプラ
Suica 等
楽天 Edy
iD
QUICPay
nanaco
WAON
NFC決済
決済方式 ミニスト デイリー ポプラ
LINE Pay
d払い
au PAY
楽天ペイ
PayPay
Origami
メルペイQR
QUO Pay
Alipay
WeChat
Pay

デイリーヤマザキは、
バーコード決済に対応していません。

セブンペイ、ファミペイが登場予定

一部のコンビニチェーンでは、
独自の決済方式を開発中です。

セブン・ペイ

セブンイレブンが開発中の決済方式です。
詳細はまだ判明していませんが、
QR コード方式となる模様です。

セブンイレブン・イトーヨーカドーなど、
セブン&アイ・ホールディングスの店舗は
間違いなく対応すると思われます。

nanaco との住み分けなど
課題はいくつか考えられますが、
今後の公式発表に注目です。

セブンペイ(7pay) は7月開始、nanaco ポイントにも対応

セブンペイ(7pay) は2019年7月1日開始、nanaco ポイント対応

2019-04-04

ファミペイ

ファミリーマートが「ファミペイ」を
開発していると報道されました。

2019年7月から全国のファミマで対応し、
ファミマ以外への展開も予定しています。

こちらも QR コードを使用する方式で、
スマホアプリとして提供されます。

ファミペイは個人間送金や電子レシートにも対応、2019年7月開始

ファミペイは個人間送金や電子レシートにも対応、2019年7月開始

2019-04-12

コンビニで現金払いをする人が4割弱

マイナビニュースの調査結果によると、
コンビニでの支払いは現金派が最多でした。

コンビニ決済時の決済方法
1位 現金 37.9%
2位 電子マネー 29.8%
3位 クレジット・デビットカード 29.4%
4位 その他(自由回答) 2.9%
引用元: マイナビニュース調査結果

次いで多いのが「電子マネー」です。
多くの電子マネーはタッチだけで
スムーズに支払える利点があります。

少額決済が中心となるコンビニでは、
電子マネーの使い勝手が良いでしょう。

今後のキャッシュレス普及に伴い、
レジでの決済時間が短縮されることに
期待したいところです。

コンビニのキャッシュレス決済まとめ

  • 全店舗が Suica、iD、QUICPay に対応済
  • Edy, WAON 等は一部コンビニで利用不可
  • バーコード決済は一部チェーンが対応

 
※本記事は随時最新化予定です