IC チップを手に埋め込み、キャッシュレス決済を手ぶらで済ませる技術が登場

海外のキャッシュレス推進

IC チップを体内に埋め込み、
キャッシュレス決済や解錠に使う技術が
海外を中心に登場し始めています。

特にスウェーデンで広がりつつあり、
日常的に使っている人が数千人居ます。

未来感のある新しい技術ですが、
日本で使うためには課題が残っており、
普及までには時間を要しそうです。

薄い財布(アブラサス) はキャッシュレス派におすすめ

薄い財布「アブラサス」のレビュー、キャッシュレス派の大本命。

2019-06-19

体内に埋め込んだチップでキャッシュレス決済

「マイクロチップ」とも呼ばれる
非常に小さな IC チップがあります。

スウェーデンの Biohax 社が開発し、
長さ1センチ・直径2ミリほどの
米粒に近いサイズです。

文字通り「手ぶら」でつ開ける

手の甲へ埋め込めるようになっており、
キャッシュレス決済や電子錠の鍵として
利用することができます。

財布やカードを一切持たずに
手ぶらで支払いや解錠ができるという、
高い利便性から注目されつつある技術です。

NFC 決済に使える

現在主流なものは、
NFC TypeA と呼ばれる
通信方式に対応しています。

NFC TypeA は
主に海外で幅広く利用されており、
電車の乗車券や電子マネー・
PC の認証などに用いられます。

NFC決済とは、クレジットカードのタッチ払い。メリット・使い方を分かりやすく解説

NFC決済とは、クレジットカードのタッチ払い。メリット・使い方を解説

2019-03-29

スウェーデンでマイクロチップ利用者が増加中

まるで SF や映画の話にも聞こえますが、
海外では実利用者が増えつつあります。

体内マイクロチップの利用者は
スウェーデンが最も多いとされており、
若者を中心に広がっているようです。

スウェーデンはキャッシュレス大国

スウェーデンは、
元々デジタル技術に親しみのある国です。

現金決済率が数%と極端に少なく、
現金が使えない店も珍しくありません。

銀行ですら、現金を取り扱っていない
店舗が多数存在するような状況です。

利用者はすでに4000人以上

キャッシュレス環境が整っているため、
マイクロチップを活用しやすいという点も
普及の背景にあると考えられます。

現時点では、すでに4000人以上が
マイクロチップを埋め込んでおり、
今後もさらに増加する見込みです。

海外のキャッシュレス普及状況、韓国が1位

海外のキャッシュレス普及状況、韓国が9割・日本は2割ほど

2019-01-07

日本でも利用者が30人以上

日本国内でも、チップを埋め込んだ人が
既に30人以上いると報道されています。

法整備が追いついていないこともあり、
実際に埋め込むには医師法との関連など
複数の課題が残っている状況です。

日本では FeliCa 対応が課題

日本で使うためには、IC チップの
通信方式でも一つ課題があります。

スウェーデンで普及している通信方式は
NFC TypeA と呼ばれる方式ですが、
日本では Type F が主流です。

現時点では Type F 対応チップがなく、
日本で本格的に広がり始めるのは
しばらく先の話となりそうです。

キャッシュレス決済に必要なICカード・スマホアプリとは

2018-10-30

体内マイクロチップのまとめ

海外で利用が増えつつある
体内マイクロチップについて解説しました。

手に埋め込んで使うタイプが多く、
キャッシュレス決済や電子錠に使えます。

日本における状況としては、
通信方式や法制度の面で課題があり、
普及が進むのはまだ先となるでしょう。