海外のキャッシュレス普及状況、韓国が9割・日本は2割ほど

海外のキャッシュレス普及状況、韓国が1位 海外のキャッシュレス推進

日本では2018年頃からキャッシュレス化が
加速していますが、海外ではすでに
キャッシュレスが主流の国もあります。

今回は、経済産業省の資料を元に、
海外のキャッシュレス事情を解説します。

参考資料・グラフ引用元
経済産業省 キャッシュレス・ビジョン

キャッシュレス比率1位は韓国

2015年と少し古めの数値ですが、
世界各国のキャッシュレス決済比率は
以下のようになっています。

海外のキャッシュレス普及状況、韓国が1位

1位: 韓国 89.1%
2位: 中国 60.0%
3位: カナダ 55.4%
4位: イギリス 54.9%
5位: オーストラリア 51.0%

2015年時点においても、
韓国はすでに9割がキャッシュレスでした。

一方で、日本のキャッシュレス決済比率は
2015年時点で 18.4%
2016年時点で 20.0% と低い値です。

キャッシュレス化が進行中

ただし、上記調査から4年経過した今では、
いずれの国でもキャッシュレス決済比率が
上昇していると考えられます。

キャッシュレス化が進んでいる国、
特にスウェーデンや中国などでは、
現金が拒否される店も出始めました。

日本は2018年から普及が加速しており、
多数の決済サービスやキャンペーンが
相次いで展開されている状況です。

スマホ決済のキャンペーンが乱立する理由:勝者が総取りできるため

スマホ決済の還元キャンペーンが乱立する理由:勝者総取りの争奪戦

2019-03-05
キャッシュレス・スマホ決済の一覧、57種類を解説(2019年2月版)

キャッシュレス・スマホ決済の一覧、74種類を解説(2019年11月版)

2019-02-18

クレジットカードかデビットカードか

キャッシュレス決済の内訳を見ると、
クレジットカード・デビットカードが
決済方式の大多数を占めています。

海外のキャッシュレス普及状況、韓国が1位

 
日本・韓国・トルコなどでは、
クレジットカードが主流の状況です。

イギリス・スウェーデン・ベルギーなどは
デビットカードが主流と読み取れます。

中国の主流は銀聯カード

中国では銀聯カードが普及しています。
中国内の銀行が共同で提供しており、
デビットカードの機能を有しています。

日本でもデビット機能付きの
キャッシュカードが登場していますが、
中国では銀聯ブランドが主流です。

銀聯の決済は日本でも使える場所が多く、
コンビニ・スーパーも対応しているため、
中国人の爆買いにも利用されています。

QR 決済も普及し始めている

一点だけ注意点としては、
このグラフも2015年時点の情報です。

現在は QR 決済も広がり始めており、
上記割合に一定の変化が起きています。

QR決済・バーコード決済のメリット、利用者と店舗目線で解説

2018-11-01

QRコード決済アプリ(LINE Pay、楽天ペイ、pixiv PAY、Origami、paymo、pring)を比較

2018-11-03

日本のキャッシュレス普及に向けて

近年の政府の動きからも分かる通り、
日本はキャッシュレス化を推進中です。

現金だけで不自由なく生活できるため、
キャッシュレス決済を広げるためには、
メリットが明確でなければいけません。

QR 決済各社の普及施策

利用者側へのアプローチとしては、
現金を取り扱わずに済む手間の軽減や、
各種ポイントでの還元が行われています。

店舗側へのアプローチとしては、
これまで課題となっていた決済手数料や
入金期間の短縮施策が増えてきました。

今後の普及ペースに注目

支払いに使う人が増えるか、
対応している店舗が増えるか、
鶏・卵の問題に近い状況になっています。

政府の後押しや各社のキャンペーンにより
今後どこまで普及が加速するか注目です。

電子マネーで給与支払い、既存のキャッシュレス決済は対応できない可能性大

2018-10-24

キャッシュレスで5%還元、オリンピックまでの期間限定

2018-11-22

まとめ

  • 韓国・中国はキャッシュレス決済が普及
  • スウェーデンは現金不可の店も多い
  • 近年は QR コード決済が急速に増加中
  • 日本のキャッシュレス比率は低め
  • 決済手数料や入金期間が普及へのカギ