高齢者におすすめのキャッシュレス還元は、WAON・nanaco・デビットカード

高齢者におすすめのキャッシュレスは、WAON・nanaco・デビットカード ポイント還元制度

2020年6月までは、キャッシュレス決済がお得に使える期間となっています。
キャッシュレスに不慣れな高齢者の方でも使いやすい決済サービスをまとめました。

現金をチャージして使えるWAON・nanacoやデビットカードがおすすめです。
一つずつ詳しく解説していきます。

スマホを持っていない人が使うには

キャッシュレス・ポイント還元制度では、数多くの決済方法が対象となっています。
必ずしもクレジットカードやスマホ決済を使う必要はありません。

現金からチャージできるプリペイド型の方がハードルは低いと言えるでしょう。
タッチだけで簡単に使える電子マネー「WAON」「nanaco」を推奨します。

関東圏はSuicaの選択肢もありますが、Web登録が必要となるため今回は省きました。
楽天Edyも、還元分の受取には専用端末やスマホでの操作が必要となります。

WAONはイオンを使う人におすすめ

 
WAONはイオングループが発行しています。
イオン系列・ローソン・ファミマ等を使う方と相性がよい電子マネーです。

レジで店員さんにチャージして貰えるため、利用のハードルも低めと言えます。
機械の取り扱いに慣れている方であれば、店頭にあるチャージ機でも入金可能です。

発行手数料は300円ですが、55歳以上が作れるG.G WAONなら最初から300ポイント付きます。

 
キャッシュレスの還元分は翌月末頃に付与され、チャージ機で受け取れます。
受取の有効期限はないため、サポートできる方がいるときにまとめて受取可能です。

還元対象となるコンビニ・飲食店などでWAON払いをすると、2%~5%が還元されます。
ただし、イオン自体はキャッシュレス還元の対象店ではないため注意しましょう。

nanacoはイトーヨーカドー・セブン派に

 
nanaco は、セブングループが発行する電子マネーです。
イトーヨーカドーやセブンイレブンをよく利用する方に向いています。

発行手数料は300円です。シニア向けカードなどはありません。
セブンやイトーヨーカードーの店頭、セブンATMなどで現金チャージができます。

イトーヨーカドー自体はキャッシュレス還元の対象外ですので注意しましょう。
還元対象となるセブンイレブン・飲食店でのnanaco支払い分が翌月15日に還元されます。

デビットカードを活用する(応用編)

カードを手渡す支払い方法に抵抗がない方には、デビットカードがおすすめです。

デビットカードとは、支払った金額がその場で銀行口座から引き落とされます。
使いすぎや発行審査などの心配が不要で、即時払いのため借金扱いにもなりません。

Visa・JCBなどのロゴが付いており、クレジットカードと同じように使えます。
国内の主な銀行であれば、メガバンク・地銀問わずデビットカードを発行しているはずです。

ゆうちょ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
三菱UFJ銀行

高齢者向け キャッシュレス還元まとめ

  • 現金チャージできる電子マネーがおすすめ
  • イオン系列を使う人には「WAON」
  • セブン系列を使う人には「nanaco」
  • カードが使えるなら「デビットカード」