JPQR(共通QRコード)は、LINE Pay・PayPay など9サービス対応

JPQR(共通QRコード)は、LINE Pay・PayPay など9サービスが対応 日本のキャッシュレス推進

スマホ決済サービス各社は、
QRコードを一つにまとめる
JPQR を2019年8月1日より開始します。

2019年5月時点で参加を表明しているのは、
以下の9サービスです。

JPQR 対応の決済サービス

  • LINE Pay
  • PayPay
  • メルペイ
  • d払い
  • Origami Pay
  • au PAY
  • J-Coin Pay
  • ゆうちょPay
  • YOKA! Pay
キャッシュレス・スマホ決済の一覧、57種類を解説(2019年2月版)

キャッシュレス・スマホ決済の一覧、70種類を解説(2019年9月版)

2019-02-18

JPQRはQRコード共通化の規格

キャッシュレス推進協議会が策定した
QRコード共通化規格が「JPQR」です。

各社バラバラのQRコードを使うのではなく
1つのQRコードで共通化することを目的に
2019年8月からサービスが開始されます。

なお、楽天ペイが参加するかどうかは
現時点で明らかになっていません。

JPQR、QRコード決済の統一規格の目的・メリットを解説

JPQR、QRコード統一規格の目的・メリット・今後の課題を解説

2019-03-24

8月1日よりサービス開始

2019年8月1日に開始されますが、
開始日から全ての QR が統一される
わけではありません。

店舗側のQRコードと利用者側のQRコード、
両方とも JPQR に統一されるとは限らず
サービス毎に対応は異なるようです。

利用者側が意識する必要はありませんが、
詳細についてはサービス開始日までに
明らかになるものと思われます。

QR決済・バーコード決済のメリット、利用者と店舗目線で解説

2018-11-01

岩手・長野・和歌山・福岡から

開始当初は、事前に定められた4県から
JPQR のサービスが開始されます。

JPQR の先行開始エリア

  • 岩手県
  • 長野県
  • 和歌山県
  • 福岡県

QR コードの実証実験だけではなく、
小規模店舗への決済導入フローの確認や
キャッシュレス率の測定等も行われます。

JPQRのメリットについて

JPQR を使うメリットは、
QRコードが1つにまとまることや、
誤決済を防止できる点が挙げられます。

詳細について別記事にて解説しています。

JPQR、QRコード決済の統一規格の目的・メリットを解説

JPQR、QRコード統一規格の目的・メリット・今後の課題を解説

2019-03-24