個人間送金アプリ (LINE Pay, Kyash) の使い道とメリットを解説

個人間送金

個人間送金アプリとは、
現金もしくは現金と同価値のポイントを
個人同士で送り合えるアプリです。

LINE Pay, Kyash, Paymo などが有名で、
キャッシュレス決済の普及とともに
利用者が増えつつあります。

飲み会の割り勘などで便利に使える他、
送金記録の観点でもメリットがあります。

個人間送金のアプリを比較、手軽さ・出金の可否がポイント

個人間送金アプリ8つを比較、手軽さ・出金の可否がポイント

2019-03-20

LINE Pay や Kyash がメジャー

現状で利用者の多い個人間送金アプリは、
「LINE Pay」と「Kyash」の2つです。

そのうち LINE Pay では、
LINE との連携がスムーズなため
主に知人とのやり取りで便利に使えます。

ただし、個人間送金を使うためには、
本人確認として銀行口座の登録が必要です。

Kyash は本人確認が不要

一方の Kyash では、本人確認が不要です。
アプリさえあればすぐに使えます。

新たなアプリを入れる必要はありますが、
登録に掛かる手間は Kyash の方が少ないです。

Kyashで個人間送金
App Store Google Play
個人間送金のアプリを比較、手軽さ・出金の可否がポイント

個人間送金アプリ8つを比較、手軽さ・出金の可否がポイント

2019-03-20

個人間送金アプリのメリット

個人間送金アプリを利用するメリットは
大きく以下の3点が挙げられます。

個人間送金のメリット

  • 送金記録が残る
  • 手数料が掛からない
  • その場ですぐ送金が完了する

送金記録が残る

個人間送金アプリを使用すると、
誰から誰に、いつ、何円を支払ったか、
といったデータが記録として残ります。

特に複数人から集金する場合は、
支払い済みの人を管理できて便利です。
トラブルの防止にも役立ちます。

送金手数料が無料

殆どのキャッシュレスアプリでは、
個人間送金の手数料が無料です。

銀行振込など従来の手段では
振込手数料の負担が必要でしたが、
その心配が一切不要となります。

小額でも、何度送金しても
手数料0円で済む点が大きな魅力です。

一瞬で送金できる

送金速度の早さも魅力の一つです。
アプリの操作と同時に送金が完了します。

深夜も休日も関係なく24時間使えるため、
特に飲み会との相性は抜群です。
帰りの電車内でサクッと清算できます。

⇒【キャッシュレスのメリットは決済速度
⇒【LINE Pay が税金の支払いにも対応

飲み会での割り勘で活用する

個人間送金アプリが活躍するのは
飲み会の割り勘が代表的なシーンで、
細かな清算もスムーズに完了します。

1000円札を何枚も数えて出したり、
お釣りを用意するためにお金を崩したり、
といった手間は全く必要ありません。

アプリの送金依頼を活用すると、
開催前に事前集金する場合も簡単です。

受け取ったお金でそのまま清算

LINE Pay や Kyash の場合は、
幹事役に集めたお金をそのまま使って
キャッシュレス払いも可能です。

また、LINE Pay であれば
参加人数に応じた割り勘機能が使えます。

日ごろ使い慣れているアプリで
支払い管理まで済ませられる点は、
LINE Pay のメリットと言えるでしょう。

⇒【QRコード決済アプリの特徴を比較

まとめ

個人間送金アプリの活用シーンや、
送金機能を使うメリットについて解説しました。

初めに準備をする手間は掛かりますが、
一度登録して使うと手放せなくなるほど
便利なアプリでもあります。

ぜひ一度、周りの方を巻き込んで、
個人間送金だけでもお試しください。