QR決済・バーコード決済のメリット、利用者と店舗目線で解説

スマホ決済アプリ

キャッシュレス決済方式の一つ
「QR コード決済」について解説します。

利用者側としても店舗側としても
簡単に始められる点が特徴で、
スマホやタブレットだけで利用できます。

中国などの海外では特に普及しており、
今後は日本でも普及が見込まれます。

QR 決済・バーコード決済とは何か

クレジットカード、電子マネーに次ぐ
第3のキャッシュレスとして、
QR コード決済と呼ばれる方式があります。

決済情報の入った QR コードを使用し、
それを読み取るだけで決済が完了します。

現在は各社それぞれの QR が必要ですが、
規格を共通化する動きも出てきました。

JPQR、QRコード決済の統一規格の目的・メリットを解説

JPQR、QRコード統一規格の目的・メリット・今後の課題を解説

2019-03-24

QR コード決済の使い方

アプリや店舗によって異なりますが、
大きく2通りの使い方があります。

(1) 利用者が QR コードを提示

アプリでバーコードを表示して
レジの機械で読み取ってもらう方式です。

(2) 店舗側が QR コードを提示

利用者がアプリ内のカメラを起動し、
店舗にある QR コードを読む方式です。

日本で使えるQR決済の一覧

日本で使える QR コード決済や
バーコード決済には以下の方式があります。

QR 決済サービスの一覧

上記の他に、セブンペイ・ファミペイなど
新たなサービスも複数増える予定です。

キャッシュレス・スマホ決済の一覧、57種類を解説(2019年2月版)

キャッシュレス・スマホ決済の一覧、73種類を解説(2019年10月版)

2019-02-18

QR 決済のメリットは簡単に使えること

利用者側のメリットとしては、
簡単に使えるという点が挙げられます。

アプリの追加だけで利用できるため、
殆どのスマートフォンで利用可能です。

Suica や Edy の場合は、
スマホ本体の対応が必須でしたが、
QR コードではその必要がありません。

決済速度は Suica の方が早い

支払い時は QR コードを読み取るだけで、
財布からカードを取り出さずに済みます。

一方で、決済に要する時間は
電子マネーの方が短いとも言えます。

Suica などの交通系 IC では、
アプリを立ち上げる必要がなく
タッチのみで支払いが完了するためです。

QR 決済は他のキャッシュレス決済よりも遅い

2018-12-13

個人間送金機能が便利

電子マネーにない特徴としては、
個人間送金機能があります。

現状では LINE Pay・PayPay や、
楽天ペイなどで送金が可能です。

個人間送金のアプリを比較、手軽さ・出金の可否がポイント

個人間送金アプリ8つを比較、手軽さ・出金の可否がポイント

2019-03-20

決済手数料は店舗側にメリットあり

QR コード決済は、
対応する店舗側にもメリットがあります。

クレジットカードなど他の決済手段よりも
決済手数料が安価となる場合が多いです。

LINE Pay に至っては、
QR コードで支払った際の決済手数料を
3年限定でゼロにする施策を出しています。

店舗への入金も早い

店舗への入金が早いサービスもあり、
楽天ペイは最速で翌日に入金されます。

特に個人店などの小規模店舗は
資金の余力があまり大きくないため、
入金の早さも重要な要素です。

QR 決済は、キャッシュフロー面でも
大きなメリットがあると言えます。

QR 決済は導入が簡単

決済方式にもよりますが
タブレット端末が1つあれば導入可能です。

大掛かりな機材を導入する必要がなく、
初期費用を低く抑えることができます。

スマホ版の店舗用アプリを使用すれば、
スマートフォン1台でも対応できます。

⇒【キャッシュレス決済で5%還元へ
⇒【キャッシュレス決済で消費税2%還元

まとめ

キャッシュレス決済方式の一つ
「QR コード決済」について解説しました。

クレジットカード・電子マネーに次ぐ
第3の方式として注目され始めています。

QR コードを読み取るだけという簡単さ、
導入ハードルが低いという特徴もあり、
今後普及が進みそうな決済方式です。