ガストやバーミヤンがQRコード決済に対応。LINE Pay や楽天ペイで支払い可能に

キャッシュレス決済

ガスト・バーミヤン・ジョナサンなど、
すかいらーく系列のレストランで
QR コード決済が利用可能となります。

対応方式は LINE Pay と楽天ペイで、
2018年11月29日から宅配で対応開始、
2019年から店舗でも対応予定です。

今回は、すかいらーく系列における
QR 決済対応スケジュールを解説します。

すかいらーくのスマホ決済対応店舗

外食レストランを運営する
すかいらーくが QR 決済を導入します。

対象となるのは、
以下の系列チェーン店です。

すかいらーくの QR 決済対応店舗

  • ガスト
  • ジョナサン
  • バーミヤン
  • 魚屋路
  • 夢庵

LINE Pay と楽天ペイの
QR コード決済に対応するため、
スマホ単体での支払いが可能となります。

宅配サービスから QR 決済に対応

対応開始日は2018年11月29日ですが、
当初は宅配サービスのみが対象です。
店舗の支払いではまだ使えません。

サービス開始時点では15店舗、
2019年末までに1000店舗が対応します。

 
宅配サービスで採用されたのは、
印刷済みの QR コードを用いる方式です。

配達員が提示する QR コードを、
支払う側がカメラで読み取ります。

LINE Pay アプリが登場、アプリ利用で還元上限額アップへ

LINE Pay アプリが新登場、4月もPayトク20%還元&上限は1万円へ

2019-04-14

店舗のテーブルでも QR 決済が可能に

2019年の中旬には、
店舗のテーブルで決済が可能となります。

注文用のタブレット端末に
QR コードが表示されるため、
テーブルに居ながら支払いが完了します。

LINE Pay と楽天ペイが対象で、
一部店舗から試験的に導入すると
公式にアナウンスされました。

 
また、2019年末までには
レジの支払いでも楽天ペイと LINE Pay が
利用可能となる予定です。

LINE Pay が税金支払いに対応

セルフレジではキャッシュレス限定に

ガスト、バーミヤンの一部混雑店舗では、
セルフレジも導入されています。

現金払いには対応しておらず、
クレジットカード・楽天 Edy・iD で
のみ支払うことが可能です。

公式アナウンスは出ていませんが、
恐らくセルフレジでも LINE Pay や
楽天ペイに対応すると考えられます。

キャッシュレス限定の店舗が増加中
スマホ決済が乱立するのはなぜ?

紙タイプの QR 決済は屋外で便利

宅配サービスで採用されたのは、
「スキャン支払い」と呼ばれる
紙の QR コードを使用する方式です。

スキャン支払い方式は、
支払い手順が多く手間が掛かりますが、
次のようなメリットもあります。

屋外で使いやすい

昼間の屋外など明るい環境では
スマホ画面の QR が読み取りづらいため、
紙を使った方が確実でスムーズです。

低コストで導入できる

QR コードの紙だけあればよいため、
決済端末を用意する必要がなく
低コストで導入することが可能です。

管理が楽になる

紙切れなので持ち運びも負担にならず、
決済端末の充電なども不要で、
汚れてもすぐに交換できる利点があります。

 
店側の導入コストが低いため、
今後の状況次第では
一気に全国展開されることも期待できます。

QRコード決済のメリットとは?

すかいらーくの QR 決済まとめ

すかいらーく系列のレストランが
QR コードによる決済に対応しました。

楽天ペイ、LINE Pay と提携しており、
宅配サービスを皮切りに、
店頭決済でも利用可能となる予定です。

QR コード決済は対応店舗が増えつつあり、
今後もその流れは加速していきそうです。