郵便局で今後使える電子マネー・キャッシュレス決済の一覧

郵便局で今後使える電子マネー・キャッシュレス決済の一覧 キャッシュレス 支払い

郵便局(日本郵便)では、
2020年2月から以下のキャッシュレス決済が順次導入される予定です。

Suica LINE Pay
nanaco × 楽天ペイ
楽天Edy × PayPay
iD Origami Pay
QUICPay d払い
WAON メルペイQR
Apple Pay au PAY
Google Pay au WALLET
Kyash デビットカード
クレジットカード Visa、Mastercard、JCB、AMEX、Dinners
NFC決済 Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレス、銀聯クイックパス
海外決済 銀聯カード、Alipay、WeChat Pay
その他 ゆうちょPay、Amazon Pay

表からも読み取れるように、郵便局では多くの支払い方法に対応します。
Amazon Payも使える点はまで使えるところは珍しいです。

2020年2月から導入開始

郵便局のプレスリリースによると、2020年2月から郵便窓口がキャッシュレスに対応します。

なお、すべての郵便局で一斉に始まるわけではありません。
2020年2月時点では65箇所、2020年5月時点では8500箇所で対応予定です。

切手・はがき・ゆうパックなどはこれまで現金のみでしたが、今後はクレジットカードや各種スマホ決済でも代金が支払えるようになります。

電子マネーで切手が買える

郵便局のキャッシュレス決済では、以下の商品が購入できます。
窓口で支払うものは、基本的にクレカや電子マネーにも対応する模様です。

郵便局のキャッシュレス対応商品

  • 切手
  • はがき
  • レターパック
  • ゆうパック・ゆうメール
  • カタログ品
  • 店頭販売品

切手にも対応しているのが大きな特徴と言えます。
金券扱いの切手は現金でしか買えない店も多いのですが、郵便局ならキャッシュレスでもOKです。

Apple Pay・Google Payにも対応

主要な電子マネーが使えるため、Apple Pay・Google Payにも対応します。
Google Payの「nanaco」「楽天Edy」は使えないため気をつけましょう。

Apple Pay として使える

  • Suica
  • iD
  • QUICPay
Google Pay として使える

  • Suica
  • iD
  • QUICPay
  • WAON

NFC(タッチ決済)も使える

Visaのタッチ決済、コンビニ・マクドナルドなどでの使い方

 
郵便局のクレジットカード払いでは、NFC決済にも対応します。
NFC決済とは、クレジットカードをタッチするだけで支払える新しい方式です。

Visaカードであれば「Visaのタッチ決済」の名称でサービスが展開されています。
Suicaのように一瞬で支払える点が大きなメリットです。

Visa タッチ決済のクレジットカードを徹底比較(2019年3月版)

Visaのタッチ決済が使えるクレジットカード比較(2019年11月版)

2019-06-05
Visaのタッチ決済、コンビニ・マクドナルドなどでの使い方

Visaのタッチ決済、コンビニ・マクドナルドなどでの使い方

2019-10-21

Kyashやデビットカードにも対応

クレジットカードで支払えるため、Kyashリアルカードも利用可能となります。
VisaやJCBのロゴが付いているデビットカードも恐らく使えるはずです。

郵便局で使えるようになるカード類

上記は現時点での公開情報からの推測です。正確な情報はサービス開始後に追記します。

三井住友カード・NTTデータなどが支援

郵便局キャッシュレス対応には、三井住友やNTTデータなどが協力しています。
システム構成図も公開されていますので、興味のある方はチェックしてみてください。

【お得】三井住友カードで20%還元キャンペーン開催中(~12/27)

【お得】三井住友カードで20%還元キャンペーン開催中(~12/27)

2019-10-25

郵便局のキャッシュレスまとめ

郵便局では、2020年2月から順次キャッシュレスに対応します。
クレジットカード・電子マネー・スマホ決済など幅広く使える予定です。

対応サービスが多いだけでなく、NFC決済など新しい方式も使えるようになります。
切手やはがきを使う方、荷物をよく発送する方はぜひ活用しましょう。