キャッシュレス決済の種類とは? プリペイド・クレジット・デビットの違いを解説

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済には、
複数の支払い方式が存在します。

・プリペイド方式 : 前払い
・クレジット方式 : 後払い
・デビット方式  : 即時払い

主な違いは現金が動くタイミングで、
支払いの前か・後か、といった点が異なります。

増え続けるキャッシュレス決済の違いについて、
実際のサービス例と合わせて解説します。

キャッシュレス=現金を使わない

近年よく耳にするキャッシュレス決済とは、
現金を使わない決済方法」を指します。

現金を直接扱わないという意味では、
銀行振込もキャッシュレス決済の一つです。

日本では現金支払いが主流ですが、
海外観光客の増加やオリンピックに向けて
キャッシュレス決済が徐々に普及しています。

意外と身近なキャッシュレス、銀行振込や iTunes カードもその一つ

2018-11-21

プリペイド決済 ⇒ 前払い方式

プリペイドとは、前払いを意味します。
先に現金で支払った分だけ使える方式です。

iTunesカード・Amazonギフトカード などを
イメージすると分かりやすいです。

プリペイド方式の主流は「電子マネー」です。
SuicaやEdyなど、チャージして使える
カード型電子マネーが普及しています。

主要な電子マネー

  • Suica (ICOCA など)
  • Edy
  • nanaco
  • WAON

近年では、スマホ決済も増えてきました。
銀行口座からチャージするスマホ決済も、
プリペイド型の一つと言えます。

主要なスマホ決済

  • LINE Pay
  • メルペイ
  • Kyash

事前にチャージした金額しか使えないため、
使いすぎるといった心配がありません。

タッチするだけで使えるものが多く、
支払いがスムーズに済む点がメリットです。

広く普及しているため使える場所が豊富で、
自販機・コンビニなど少額決済に向きます。

電子マネー・スマホ決済の使いすぎを防ぐコツ(初心者向け)

電子マネー・スマホ決済の使いすぎを防ぐコツ(初心者向け)

2019-02-27

クレジット決済 ⇒ 後払い方式

クレジット決済は、後払いを意味します。
「ポストペイ」と呼ばれる方式も同様です。

クレジットカードが非常に有名ですが、
後払い方式のサービスは数多くあります。

後払い方式のキャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • ETC
  • ドコモ払い
  • au かんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ZOZO ツケ払い
  • iD
  • QUICPay

Amazon や楽天で買い物をする際に
クレジットカードを使う方は多いと思います。

クレジット決済は、現金を扱いづらい
インターネット上の取引でよく利用されます

後から1ヶ月の利用分をまとめて、
口座振替などで支払う形が主流です。

デビット決済 ⇒ リアルタイム方式

デビット決済は、即時決済方式とも呼ばれます。
リアルタイムで精算が完了する点が特徴です。

前払い方式や後払い方式とは異なり、
支払いの瞬間に銀行口座から残高が引かれます。

主なメリットとして、以下の点が挙げられます。

デビット方式のメリット

  • 事前のチャージが不要
  • 現金を引き出す手間が省ける
  • 残高以上は使えないという安心感

利用できる場所はクレジットカードと同等で、
実店舗やインターネットでの決済に使えます。

実際に利用するためには、
銀行が発行する「デビットカード」が必要です。

まとめ

キャッシュレス決済の方式は3つあり、
大きな違いは現金の動くタイミングです。

前払い、後払い、即時払い、
それぞれ特徴やメリットが異なります。

自分の使い方にあった方式を選び
キャッシュレス決済を有効活用しましょう。