iPhone のキャッシュレス「Apple Pay」について分かりやすく解説

スマホ決済アプリ

iPhone や Apple Watch で利用できる
Apple Pay」について解説します。

QUICPay や Suica などと連動しており、
日本でも使える場所が豊富な決済手段です。

Apple Pay の使い方やメリット、
裏側の仕組みについてまとめました。

Apple Pay はキャッシュレス決済

Apple Pay (アップルペイ) とは、
iPhone や Apple Watch で利用できる
キャッシュレス方式の支払い方法です。

Apple Pay という名前が付いていますが、
実際の支払いにはクレジットカードや
既存の電子マネーと連動する形になります。

あくまでも iPhone で使える
支払い機能の名前だと捉えれば OK です。

対応電子マネー

Apple Pay として対応している
決済手段は以下の通りです。

Apple Pay 対応電子マネー

  • QUICPay
  • iD
  • Suica
  • JCB Contactless
  • Mastercard コンタクトレス

上記の電子マネーに対応していれば、
Apple Pay も使えることとなります。

使う際には「QUICPay」や「Suica」などの
具体的な決済手段を伝えて支払います。

⇒【キャッシュレスのメリットは決済速度

クレジットカード経由で支払う

Apple Pay の利用開始時には、
手持ちのクレジットカードを登録します。
(Suica を除く)

登録したクレジットカードに応じて、
「QUICPay」もしくは「iD」が発行されます。

QUICPay や iD で支払った金額分は、
クレジットカード会社からの請求で
精算することとなります。

QUICPay と iD は選べない

登録する際に QUICPay と iD の
どちらを使用するかは選択できません。

登録するクレジットカードによって、
QUICPay か iD かが定められています。

JCB 系のカードを登録すると QUICPay、
携帯キャリアや銀行系のカードでは iD
となる場合が多いです。

⇒【キャッシュレス決済の種類とは?

Apple Pay はアプリ課金やネットショップでも使える

Apple Pay は、実店舗の決済以外にも
次の場面で使うことができます。

  • iPhone アプリ内での支払い
  • Web サイトでの支払い

 
Apple Pay でネット支払いをする場合、
iPhone 上の指紋認証や顔認証だけで
支払いを終えることができます。

カード情報の入力も必要ありません。
事前登録済みのカード情報を使って、
Apple Pay 経由で決済されます。

Apple Pay 対応アプリが増加中

Apple Pay 対応アプリは徐々に増えており、
出前アプリ・ショッピングアプリ・
じゃらん・TOHO シネマズなどがあります。

また、Suica のチャージに使用したり、
ローソンスマホレジでも利用可能です。

ローソンスマホレジの使い方と注意点、カードの事前登録がオススメ

2018-11-25

セキュリティ面でも安心

Apple Pay の利用時には
Touch ID や Face ID で認証が必要なため、
他人に操作される心配もありません。

iPhone を落としてしまっても、
認証を通すことが不可能なため
不正利用を防止することができます。

カード情報を隠せる

一番大きなメリットは、
クレジットカード情報を伝えずに
支払いを完了できる点です。

Apple Pay を使って決済する場合、
クレジットカード情報を利用するのは
あくまでも Apple 社のみとなります。

カード情報をネットで送信せずに済むほか、
店舗側にもカード情報が渡らないため、
セキュリティの面でも安心です。

⇒【ICカード・スマホアプリの違いとは

Apple Pay のまとめ

Apple Pay とは、
iPhone や Apple Watch で利用できる
キャッシュレス方式の決済手段です。

実店舗でのタッチ支払いに加えて、
アプリ内や Web サイトでの支払いにも
利用することができます。

登録は簡単で利便性も高いため、
対応機をお持ちの方はぜひお試し下さい。