お賽銭を電子マネーで支払ってもご利益には影響なし

日本のキャッシュレス推進

キャッシュレスの普及に伴い、
電子マネーでお賽銭を入れられる
神社やお寺が出てきました。

しかし、お賽銭を電子マネーにすると
ご利益がなさそうだ という声もあります。

実際に調べてみたところ、
お賽銭の手段とご利益の有無には
直接関係が無いことが分かりました。

⇒【お賽銭もキャッシュレス対応に

昔は現金を使っていなかった

日本にも多数ある神社やお寺ですが、
歴史の長い場所であれば
貨幣が生まれる前から存在しています。

昔は、海の幸や山の幸、お米といった
食べ物が奉納されていました。

食べ物の他には、金や銀なども
納められていたと言われています。

時代と共に形式も変化してきた

その後、貨幣や通貨の普及が進み、
お金を使う生活が当たり前になりました。

時代の変化に連れて、
徐々に「物」ではなく「お金」を供える
ようになってきた歴史があります。

あくまでも、神様や仏様に向けた
感謝の気持ちを示す手段の一つであり、
その方法は時代と共に変化しています。

日本でもキャッシュレスが普及中

現代の日本においては、
現金以外の決済手段も広がり始めました。

今後のキャッシュレス化の状況次第では、
現金の流通が減ることも考えられます。

食べ物からお賽銭に変化したように、
お賽銭の形式がまた変わる可能性も
十分に有り得ると言えるでしょう。

⇒【キャッシュレス決済の種類とは?
⇒【海外のキャッシュレス普及状況

現金のお賽銭がまだまだ主流

東京の愛宕神社では、
初詣に限り電子お賽銭が可能です。

しかし、実際には現金が圧倒的多数で、
楽天 Edy や楽天ペイの使用率は
わずか1%前後にとどまっています。

 
キャッシュレスを多用している私自身も、
お賽銭の電子マネー払いには
まだ何となくの違和感があります。

また、5円玉や50円玉をチャリンと入れて
「ご縁がありますように」と
願いたい人も多いと思います。

 
徐々に広がるキャッシュレス化ですが、
お賽銭で主流となるのは
まだまだ先の話となりそうです。

選択肢が増えたという面では良いことで、
自身の好みに合わせて選択することが
大事であると言えるでしょう。

⇒【スマホで使えるキャッシュレス決済

電子お賽銭のまとめ

電子マネーでお賽銭を入れたとしても、
ご利益の有無には影響がありません。

あくまでも神社・お寺に対する
感謝の気持ちを表す手段に過ぎません。

 
現金でないといけない決まりはなく、
今後必ず電子マネーにしないといけない
わけでもありません。

どちらにしても、今後は少しずつ
電子お賽銭の対応が増えていきそうです。

⇒【給与の電子マネー支給が可能に
⇒【自販機がクレジットカード対応に
⇒【ICチップを埋め込み手ぶらで決済
⇒【木更津限定のQR決済 アクアコイン