QR 決済は他のキャッシュレス決済よりも遅い

スマホ決済アプリ

QR コードを使用した
キャッシュレス決済方式が増えています。

導入ハードルの低さが大きな利点ですが、
デメリットとして、他の決済方式よりも
スピードが遅い点が挙げられます。

今回は、QR コード決済の速度について、
支払い方式別に解説します。

Suica や NFC 決済よりも遅い

Suica などの IC カード方式では、
タッチのみで支払いが完了するため
決済時間がほぼ一瞬です。

また、クレジットカードのタッチ決済でも
ほぼ一瞬で支払いを終えることができます。

NFC決済とは、クレジットカードのタッチ払い。メリット・使い方を分かりやすく解説

NFC決済とは、クレジットカードのタッチ払い。メリット・使い方を解説

2019-03-29

一方で、スマホアプリを使用して支払う
LINE Pay・楽天ペイ・PayPay などの
QR コード方式では準備に時間が必要です。

有人レジでは準備の時間がある

実際のところ、有人レジで使用する場合は
商品の読み取り中に準備ができるため、
そこまで大きな差にはなりません。

ただし、自動販売機やセルフレジなど、
自分のペースで決済を行う場面では
IC カードとの速度差が気になります。

自販機でクレジットカード払いが可能に。コカ・コーラの Coke ON Pay を解説

2018-11-11

QR 決済の支払い方式は2種類

QR コードを用いた決済方式では、
大きく2種類の方法があります。

サービス毎に細かな名称は異なりますが、
PayPay の名称で違いを解説します。

コード支払い

利用者がバーコードを提示する方式です。
レジでバーコードを読み取ってもらい、
購入金額分が残高から引かれます。

コード支払いの流れ

  • スマートフォンのロックを解除する
  • 決済アプリを起動する
  • コード画面を表示する
  • 店員にコードをスキャンしてもらう

後述のスキャン支払いより手順が少なく、
コード支払いに対応している店舗では
比較的スムーズに支払えます。

スキャン支払い

店舗側がバーコードを提示する方式です。
支払う人はカメラでバーコードを撮影、
金額を入力して決済を行います。

スキャン支払いの流れ

  • スマートフォンのロックを解除する
  • 決済アプリを起動する
  • 読み取り画面(カメラ)を起動する
  • 店舗側の QR コードを撮影
  • 支払い金額を入力して決済
  • 決済完了画面を店員に提示

バーコードをスキャンした後、
購入金額を自分で入力して決済し、
完了画面を店員に見せる必要があります。

あまり操作に慣れていない場合、
現金払いよりも時間が掛かってしまう
ことも珍しくありません。

⇒【QRコード決済アプリの特徴を比較
⇒【スマホで使えるバンドルカードとは

スキャン支払いは店舗側にメリットあり

不便な「スキャン支払い」ですが、
導入する店舗側にはメリットがあります。

QR コードさえ準備すれば対応できるため、
レジ改修やシステム対応が不要なのです。

初期費用が掛からないため、
中小企業や個人経営の店においても
導入しやすくなる点がメリットです。

ビックカメラもスキャン支払いだった

PayPay を導入したビックカメラは、
「スキャン支払い」を採用していました。

PayPay キャンペーンに間に合わせるため、
すぐに導入できるスキャン支払いから
運用を始めたと言われています。

レジの対応が完了したタイミングで
「コード支払い」へ切り替わっており、
現在はスムーズに支払える状態です。

QR コード決済の速度まとめ

  • IC カード決済よりは遅くなります
  • 大きく2種類の支払い方法があります
  • コード支払いの方がスムーズです
  • 導入ハードルの低さがメリットです