神奈川県がキャッシュレス都市宣言、県全体でキャッシュレス推進へ

日本のキャッシュレス推進

神奈川県が
「キャッシュレス都市宣言」を行い、
今後の取り組みについて発表されました。

税金の LINE Pay 払い対応や、
県内店舗への導入サポート、
住民に向けた啓発などが行われます。

キャッシュレス都市 KANAGAWA宣言

2018年11月に、神奈川県が
キャッシュレス都市宣言を発表しました。

県全体としてキャッシュレスを推進し、
県民生活の利便性向上や
事業者の人手不足解消を目指しています。

 
主に4つの取り組みが挙げられており、
12月から順次開始される見込みです。

  • 税金支払いのキャッシュレス化
  • キャッシュレス事業者マッチング
  • キャッシュレスの普及啓発
  • 新技術の実証フィールド提供

 
施策の効果次第ではありますが、
神奈川県はキャッシュレスが便利に使える
街となっていきそうですね。

⇒【キャッシュレス決済で5%還元へ

税金を LINE Pay で支払い可能に

まずは 県自身の取り組みとして、
LINE Pay で税金支払いが可能となります。

この取り組みは、先日発表のあった
「地銀ネットワークサービス」の機能を
活用していると推測されます。

⇒【LINE Pay が税金の支払いにも対応

 
LINE Pay で納税できるようになるのは、
以下3つの税金(地方税・県税)で、
2019年の納税分から対応します。

  • 自動車税
  • 個人事業税 ※法人は対象外
  • 不動産取得税

 
都道府県のレベルで
LINE Pay 納税に対応したのは全国初で、
今後は他の県にも広がっていきそうです。

商店街へのキャッシュレス推進

県自体の取り組み以外に、
街の店舗に向けた施策もあります。

キャッシュレスの普及においては、
商店街や個人経営など小規模店舗への
導入が課題となりがちです。

普及を進めるための取り組みとして、
キャッシュレス事業者と店舗の間を
県が橋渡しするサービス
が提供されます。

キャッシュレス普及に向けた広報も

また、キャッシュレスを知らない人や、
高いハードルを感じている人に向けた
広報活動も行われる旨が発表されました。

これらの取り組みにより、
キャッシュレス化が進まなかった
商店街などでも普及が加速しそうです。

⇒【給与の電子マネー支給が可能に
⇒【お賽銭もキャッシュレス対応に

最新技術の実証フィールド提供

キャッシュレス事業者向けにも、
神奈川県からの支援が用意されています。

新技術を実験できるエリアが提供され、
事業者との提携も視野にあるそうです。

 
具体的な提携は未発表の状態ですが、
全国展開前の新サービスを試せるような
機会が増えていくと思われます。

先例としては、
北九州市と pring (QR決済) が行っている
実証実験などが挙げられます。

⇒【QRコード決済アプリの特徴を比較

まとめ

神奈川県において、
キャッシュレス化の推進が始まりました。

県税の LINE Pay 対応、
各店舗への導入促進、
住民に向けた啓発などが行われます。

人口900万人を抱える神奈川県、
日本全体におけるキャッシュレスの
普及にも繋がっていきそうです。

税金を LINE Pay で払える自治体の一覧・納税時の注意点

税金を LINE Pay で払える自治体の一覧と、納税時の注意点

2019-05-08